VS経皮毒!-経皮毒徹底排除マニュアル

VS経皮毒!では、経皮毒について紹介をしています。
まだ耳慣れない言葉「経皮毒」。でも何となく想像がつきますよね?

皮膚に毒。
私達が日常生活で使っている、シャンプーや化粧品に含まれる有害物質が肌を通して害のある働きを起こしているかもしれません。

あなたは大丈夫ですか?

VS経皮毒!-経皮毒徹底排除マニュアル項目一覧

スポンサードリンク


CATEGORY TITLE

VS経皮毒!-経皮毒徹底排除マニュアル

経皮毒とは
「経皮毒」とは、日常生活で皮膚を通して、少しずつ有害化学物質を体内に吸収して害の...
経皮毒と病気の関連性
日用品などの洗剤やシャンプーは、毎日少しずつ自覚症状のないまま毒が体内に長時間蓄...
皮膚への吸収の違い
経皮毒はどのように体内に侵入するのか、大きく分けると「経口吸収」「粘膜吸収」「経...
皮膚の構造について
皮膚は、厚さ約2ミリ以下で、体の中で一番大きくて重たい臓器といわれています。 皮...
婦人病への関与
近年、子宮筋腫や子宮内膜症といった婦人病が増加傾向にあります。 子宮内膜症はこの...
体内に入った化学物質はどうなるの
皮膚から化学物質を吸収すると、まず細胞全体に染み、隣り合わせとなっている細胞に伝...
体内に蓄積された化学物質の排除の仕方
私達が毎日食べている食事は、カロリーが十分満たされていても、ビタミンやミネラルは...
洗剤
■洗濯用洗剤 洗濯用洗剤には、「洗浄」「殺菌」「漂白」の3つの効果を出すために化...
お風呂関連用品
■シャンプー シャンプーには非常に多くの有害化学物質が含まれています。 ラウリル...
口腔関係の洗剤
■歯磨き粉 歯磨き粉は、口の中で使用するので粘膜吸収されます。 粘膜上には角質層...
美容関係の化学物質
■化粧品 化粧品の多くは界面活性剤をはじめ、湿潤剤、保湿剤、防腐剤、酸化防止剤、...
衛生用品の化学物質
■生理用品、紙オムツ 生理用品と紙オムツは、漂白と殺菌を行っているため塩素系の漂...
有害性の少ない日用品の選び方
日用品に使われている成分は、どれが有効成分でどれが合成界面活性剤なのか、見分けが...

VS経皮毒!-経皮毒徹底排除マニュアル:詳しくはこちら

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2