経皮毒と病気の関連性

スポンサードリンク


日用品などの洗剤やシャンプーは、毎日少しずつ自覚症状のないまま毒が体内に長時間蓄積され、ある日突然病気の症状が出始めます。
1回のシャンプーをして蓄積された経皮毒は、100日経たないと排出されないといわれています。

人にはおのおの、免疫コップというものが体内にあって、その許容量が有害化学物質などでいっぱいになると、アレルギー症状などのさまざまな病気を引き起こす原因となります。
それぞれの体質によりますが、経皮毒性のある有害化学物質がアレルギー反応を起こすもとになる物質である場合、アトピー性皮膚炎などの症状が出たりします。

そのほかにも、界面活性剤などで体内への吸収率が高まることにより、他のアレルゲンとなる化学物質が侵入し、アレルギー症状が現われます。

普段生活している中で、身の回りにはアレルギー症状を起こすものがあふれています。
食物からのアレルゲン、薬物からのアレルゲン、ほこりや花粉、ダニのどのアレルゲン、洗剤や石鹸などのアレルゲンと、危険と知らずに毎日使用され体内に入ってきています。

有害化学物質や合成界面活性剤などをあまり使用せずに作られた商品もあるので、一度替えてみるのはいかがですか。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2