有害性の少ない日用品の選び方

スポンサードリンク


日用品に使われている成分は、どれが有効成分でどれが合成界面活性剤なのか、見分けがつきにくいと思います。
日用品を選ぶ目安として、

1)成分表に石鹸素地、純石鹸成分と書かれている製品を選ぶ
2)合成界面活性剤が含まれている製品は避ける
3)無添加、無香料、無着色と書かれている製品を選ぶ
4)天然成分が主原料のものを選ぶ
5)肌にやさしい、弱酸性、など表示をあまりあてにしない

人によっては、天然成分の商品を使用してもアレルギーの症状を起こす人がいます。
また健康な人は、痛みなどの症状をあまり感じないため体内に有害な成分が侵入しにくいのです。
害がないといわれる製品は家計にも負担がかかり、また代替品や自分で作ると手間や時間がかかってしまうので、無理のない範囲からはじめるとよいでしょう。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2