洗剤

スポンサードリンク


■洗濯用洗剤
洗濯用洗剤には、「洗浄」「殺菌」「漂白」の3つの効果を出すために化学物質が使用されています。
洗浄作用には皮膚毒性の高い、合成界面活性剤が使われています。

また生乾きの臭いを防ぐための殺菌作用にも、別の化学物質が添加されています。
漂白作用には蛍光増白剤と呼ばれる有害化学物質が使用されている場合があります。
これらの経皮毒性物質は、洗濯物にすすぎ残された化学物質によって体に付着し、アトピー性皮膚炎など肌に悪影響を及ぼします。


■台所用洗剤
市販の台所用洗剤の多くは幾種類もの合成界面活性剤を合わせてつくられています。
合成界面活性剤は、細胞毒性といわれる細胞膜を壊す働きが大変危険な障害です。
破壊された細胞の状態で台所用洗剤を使用していると、それに含まれるあらゆる有害化学物質も弱った皮膚を通して体内に侵入します。
台所の家事で手荒れがひどくなるのは、この合成界面活性剤の影響による皮膚膜と角質層が壊れたことが原因のひとつであると考えられます。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2