お風呂関連用品

スポンサードリンク


■シャンプー
シャンプーには非常に多くの有害化学物質が含まれています。
ラウリル硝酸ナトリウムやラウリルエーテル硫酸塩など、合成界面活性剤が使用されています。
そのほか化学物質の侵入を手助けする、プロピレングリコールやエデト酸、安息香酸が含まれています。
乳化剤として使用される有害化学物質には、不純物と反応して発ガン物質のニトロソ化合物を作り出すものがあるそうです。

合成界面活性剤は、頭皮だけでなく毛自身にも痛手を受ける事になります。
シャンプーした後、しっかり落としていないと合成界面活性剤が頭皮に残ってしまい、フケ、痒み、抜け毛、湿疹を起こす原因となってしまいます。
頭皮は、皮膚(角質層)が薄いため経皮吸収が非常に高い場所です。
毎日使用するものこそ、しっかり注意して使用しましょう。

■リンス
リンスには殺菌剤、帯電防止剤、柔軟仕上げ剤といった、陽イオン系界面活性剤というものが使用されていることが多く、これはシャンプーの合成界面活性剤よりも強力で有害な働きがあると考えられています。

■ボディソープ
ボディソープや石鹸は、油分や汚れをを洗い流す力を強くするため、合成海面活性剤を使用しています。
シャンプーやリンスと同じように保湿剤としてプロピレングリコール、防腐剤、香料なども含まれていて、皮膚への負担が大きくなり、炎症を起こす場合もあります。
人によっては、皮脂欠乏症湿疹などになってしまう可能性もあります。
石鹸もボディソープと同様、中に含まれている成分は同じです。

■入浴剤
入浴剤の成分のほとんどは、炭酸水素ナトリウム(重曹)が含まれていて、それに加えてチンピエキスやトウガラシエキスが入っています。
そのほか保湿剤としてプロピレングリコール、香料、殺菌防腐剤としてサリチル酸が含まれていることもあります。

サリチル酸は、食品添加物としては使用が禁じられ、染色体異常を誘発する事がわかっています。
入浴中は、体温も上がって角質層が柔らかくなっています。
そこに最も経皮吸収されやすい部位の、肛門や性器が湯船につかるのですから有害化学物質が侵入し放題となってしまいます。
皮膚が弱っている人や、アレルギー症状のある人は、使用を控えたほうがよいでしょう。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2