口腔関係の洗剤

スポンサードリンク


■歯磨き粉
歯磨き粉は、口の中で使用するので粘膜吸収されます。
粘膜上には角質層がないので、簡単に吸収されてしまいます。
粘膜吸収は、経皮吸収の約13倍の吸収率ですので大変危険です。

歯磨き粉の成分に含まれているのは、発泡剤としてラウリル硫酸ナトリウムで、細胞膜を壊し細胞を絶滅させます。
そのほかにも、プロピレングリコールや研磨剤、香料、着色剤なども使用されています。
子ども用の歯磨き粉は、たくさんの香料や人工甘味料が含まれているため危険因子が高まります。

■マウスウォッシュ
マウスウォッシュの中には、プロピレングリコールや香料、アルコール、ポリエチレングリコールなどさまざまな化学物質が含まれています。
子ども用のマウスウォッシュにも同じ成分が含まれているので注意が必要です。
マウスウォッシュには抗菌や除菌作用がありますが、常に口の中にいる口腔常剤菌という菌まで殺してしまいます。

■入れ歯洗浄剤
入れ歯洗浄剤には、漂白剤が使用されています。
入れ歯の表面上から化学物質が吸収されてしまうとアレルギーや炎症を起こす可能性もあります。
洗浄を行う時は、超音波洗浄が安全です。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2